英語というと世界の共通語、というのが我々一般の認識である。
今では就職にしても何かの教育を受けるにしても必要条件に必ず英語が挙げられる。
それに伴い多くの人、学生から社会人さらには年長の人に至るまでインターネットを通して英会話を学ぶというケースが増加している。

これには多くの利点が伴う。
日本人の多くは今では小学校から英語に親しむ機会がある。
しかし”使える”英語を学べるかという点では疑問が残る。大学入試の為にレベルの高い英語を習得したとしたとしても、頭だけの知識で終わってしまう場合が非常に多い。

英語だけを話す人がいきなり目の前に現れて会話をしなければならない、さてその場合その知識だけでコミュニケーションが図れるかというと、実際はかなり難しい。
それはなぜか。
会話、コミュニケーションに使う私たちの脳の分野は記憶や知識を蓄える部分とは違うからだ。
それでインターネットを通して英会話を学び会話力を”補う”といったアイディアが多くの人に受け入れられている。

個人的な経験によると、自分の言語が全く通じない人を目の前にしてコミュニケーションを取るために”必死”に、つたない英語であってもとにかくなにかを伝えようとする、そういう機会は日常生活ではなかなかない。
このツールは”生きた英語”を学ぶ上で画期的なアイデアではないだろうか。

今度は逆に教える側に目を向けてみる。海外在住の者としてこの分野の仕事に携わる友人を多く持っているが、正直たくさんの仕事があるらしい。
英語をネイティブにする彼らは他の活動に携わりながら副業としてこの仕事をしている場合が多いが、現在は特にアジア圏の生徒が大半を占めている。

アジア圏の若者は優秀であり高い教育を受けているというのは有名な話だが、実際将来グローバルな仕事に就くためには英語が必須、しかしアジアの国々に住みながら英語力を磨くことは現実非常に難しい。

なぜならそもそも機会がないからだ。そこで学んだ英語をさらにレベルの高いもの、使えるものにする上で彼らはインターネットを通して英会話を学ぶ。
つまりこの分野は需要と供給のバランスがとれているのだ。

唯一の難点といって思い浮かぶのはネット環境である。
世界どこにいてもインターネットは普及しているが、面と向かって話すのと違ってどうしても電波その他の障害が時には生じるのも現実である。

しかし最終的には、一人一人の取り組み方次第でどれだけの収穫があるかが決まってくるのではないか。
個人的に私はこの分野に大いに期待している。多くの国際人が育つためにも…。