スカイプ英会話を実際に経験をしたことからオンライン英会話は英語を「聞く」「話す」の上達にはとてもプラスになると思いました。どこのスクールも無料体験があり格安での受講料で学ぶことができるので試してみることをお勧めします。

文法よりも会話が大事

  • HOME »
  • 文法よりも会話が大事

最近オンライン英会話がネットで普及しつつあります。

スカイプ等のお馴染みのソフトを活用して、WEBカメラとパソコンがあればスカイプ英会話を活用して、ネイティブの英語を学ぶチャンスが広がっています。

英語に苦手意識の強い方も居ると思います、学生時代に成績が悪かった人はもちろん、有名大学に英語の点数を取って入学したものの、実は英語を喋れず、高得点を取れるのに何も活かせていない人や、学校範疇での英語の得手不得手は英会話には関係が無く、いかに英語を使ってコミニケーションを取っているかの方が重要です。

学校教育では中学から大学まで学んでも会話出来ない、聞き取れない人で溢れ返っています。

小さい子供は語学に柔軟で、すぐにマスターすると言われますが、仮に小さい子供を日本の学校教育に放りこんでいたら喋れないかもしれません。

言葉は机上の文法の勉強より、文法なんか前後しようと、周りの人とコミニケーションを取り、真似て、喋ってコミニケーションを取って体で覚えていくモノで、子供でも大人でも関係無く、生活の中で使っていれば身に付くものです。

語学は触れる機会が無ければどうしようもありません。

いかに普段の生活の中で使う機会があるかが重要で会話は喋って聞いて身に付くものです。
断片的に授業参加して、文法勉強だけで身に付けるには効率が悪く不自然です。

学校教育で挫折した人は、英会話スクールでは学校教育方式の文法から身に着ける授業を選択せずに、ネイティブとのコミニケーション中心で学ぶ授業形式に参加するのが良いのでしょう、ただし、英会話スクールにも毎日通える方は僅かです、みんな忙しいですし難しいと思います。
使う機会が少ないとどうしても語学学習の足かせになります。

そこでスカイプ英会話のような仕組みで学べば、英会話スクール側としても教室等のスクール運営の必要経費コストも削減出来て、授業を低価格で実現できます、そして先生達のネイティブ英語と触れ合う機会がありますし、何よりも時間の融通が利くので、忙しい人でも夜にでも授業に参加できて、ネイティブの英語に触れられる機会があるというのはこの時代ならではの利点です。

しかも先生達を選択できるので、1人の外人講師だけでなく、様々なタイプのネイティブに触れる事が出来て、雑談から英会話を学べるので、ちょっとしたコミニケーションを付けるには絶大な効果があります。

そもそもこの最初にちょっと喋る、日常会話が出来るようになるという部分が従来の教育では難しかったので、スカイプ英会話等を活用して、日常会話に自信を持てれば、集団授業や、旅行に行って現地でコミニケーションを取り、より英会話を磨くチャンスが広がります。
英会話の最初の一歩としては文法教育ではなく、スカイプ英会話でネイティブとの会話というのは非常に効果的だと思います。